var_export内容をテキストファイル出力

デバッグ

 閲覧数:1313  投稿日:2019-02-21  更新日:2019-02-21  

var_export()内容をファイル出力

・var_dump()とは異なり、ob_start() コールバック関数の中では使用不可
・第2引数を TRUE に設定し場合、var_export() 内容を返す


コード

$fp = fopen('./'.date('Ymd').'_output.txt', 'a+' );
fputs($fp, var_export($target,TRUE));
fclose( $fp );



結果

stdClass::__set_state(array(
   'id' => 'evt_1E6I74JiXAQvfxv3iGbGoRcu',
   'object' => 'event',
   'api_version' => '2019-02-19',
   'created' => 1550757682,
   'data' => 
  stdClass::__set_state(array(
     'object' => 
    stdClass::__set_state(array(
       'object' => 'checkout_beta',
       'client_reference_id' => NULL,
       'display_items' => 
      array (
        0 => 
        stdClass::__set_state(array(
           'currency' => 'jpy',
           'amount' => 10000,
           'type' => 'sku',
           'quantity' => 1,
           'sku' => 'sku_EYUuveVPe61SrH',
        )),
      ),
       'line_items' => NULL,
       'livemode' => false,
       'payment_intent' => 'pi_1E6I6eJiXAQvfxv3IMxgerR9',
    )),
  )),
   'livemode' => false,
   'pending_webhooks' => 1,
   'request' => 
  stdClass::__set_state(array(
     'id' => NULL,
     'idempotency_key' => NULL,
  )),
   'type' => 'checkout_beta.session_succeeded',
))



タグ


var_export 


リンク


var_export



var_dump内容をテキストファイル出力

プログラム実行処理時間を計測して表示する



週間人気ページランキング / 6-15 → 6-21
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 9
1 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 9
2 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 7
3 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 5
3 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 5
4 null代入とunset()の違い | 変数 4
5 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 3
5 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す | 配列(型) 3
5 相関係数 | 統計 3
6 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 2
6 dateとgmdateの比較 | 日付および時刻関連 2
6 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 2
7 constant | タグ毎エントリー一覧 1
7 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
7 n | タグ毎エントリー一覧 1
7 switch文判定 … 「in_array」「array_keys」 | 配列(型) 1
7 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 | 文字列(テキスト処理) 1
7 8桁の生年月日数字を分解 | 文字列(テキスト処理) 1
7 クロスサイトスクリプティング対策(配列対応) | エスケープ処理 1
7 多次元配列の「一次元要素数」もしくは「全次元要素数」をカウント | 多次元配列(型) 1
2024/6/22 1:01 更新