PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得

配列

取得手順

 閲覧数:275  投稿日:2023-06-19  更新日:2023-06-19  

1.explode関数でURLをスラッシュ区切りで配列に分割する。
2.次にend関数で配列の末尾を取得することで、最後のスラッシュ以降の文字列を取得する。


コード

$tweetUrl='https://twitter.com/hoge/status/15884580347326013459'
$tweetId=end(explode('/',$tweetUrl));
echo $tweetId;



結果

15884580347326013459



タグ


explode 





連想配列定義と同時に、後ろに既存配列を単純結合

配列内よりランダムに要素(例えば画像URL)を取得



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 87
2 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 57
3 指定文字列より前を取得 53
4 「1文字目」から「最初の指定文字」前までの文字列を取得 48
5 「指定文字」直後から「指定文字」直前までの文字列を返す 40
6 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を返す 39
7 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を削除 39
8 指定した幅で文字列を丸めた後、「…」文字を追加する 38
9 後ろから3文字取得 38
10 対象文字列の内、「最初の指定文字列以前」と「それ以降の文字列」を取得する 37
11 複数の指定文字列を削除 35
12 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 34
13 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / explode使用案。却下 34
14 数字を3桁でカンマ区切りに 33
15 「対象文字列」に「指定文字列」が含まれていれば、「指定文字列」より後を返す 33
16 「半角スペースもしくは全角スペースで区切られた文字列」先頭に指定文字列を付与 33
17 指定文字列を削除 32
18 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 32
19 MySQLのdatetime型カラムより取得した「文字列」を、(先頭0なしの)年月日時分秒で表示 31
20 日付(文字列)から、指定時刻のUNIXタイムスタンプを取得 31
2024/5/30 5:34 更新
週間人気ページランキング / 5-23 → 5-29
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 13
2 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 12
3 配列の内容(ひらがな)を、読み(あ行~わ行)で分け、新たな配列へ格納 | 配列(型) 7
4 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 6
4 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 6
5 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 4
5 多次元配列キーを、多次元配列内にある「特定キーの値」へ変更 | 多次元配列(型) 4
6 foreachの中でswitch文 | 配列(型) 3
6 null代入とunset()の違い | 変数 3
6 特定のHTMLタグのみ(aタグは除く)表示を許可 | エスケープ処理 3
6 var_export内容をテキストファイル出力 | デバッグ 3
6 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 3
7 対象文字列の内、「最初の指定文字列以前」と「それ以降の文字列」を取得する | 文字列(テキスト処理) 2
7 配列の空要素を削除(コールバック関数未使用) … array_filter() | 配列(型) 2
7 switch文判定 … 「in_array」「array_keys」 | 配列(型) 2
8 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を削除 | マルチバイト文字列(テキスト処理) 1
8 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 1
8 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 1
8 Noticeエラー回避 / PHP7以上で使用可能なnull合体演算子(??)を使用 | 演算子 1
8 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
2024/5/30 1:02 更新