「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得

テキスト処理文字列

 閲覧数:874  投稿日:2019-06-24  更新日:2019-06-24  

「最後に位置している/」より後の文字列を取得


コード

$search = '/';
$text = 'https://twitter.com/hoge/status/9143';
$pos = strrpos($text, $search);
if ($pos !== false) {
  $tweetId = substr($text, $pos + strlen($search));
}
echo $tweetId;



結果

9143



タグ


strrpos 





空文字' '判定

指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 85
2 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 57
3 指定文字列より前を取得 54
4 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 52
5 「1文字目」から「最初の指定文字」前までの文字列を取得 45
6 「対象文字列」に「指定文字列」が含まれていれば、「指定文字列」より後を返す 44
7 指定した幅で文字列を丸めた後、「…」文字を追加する 43
8 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す 42
9 対象文字列の内、「最初の指定文字列以前」と「それ以降の文字列」を取得する 42
10 文字数に基づき、文字列の一部を取得する 40
11 複数の指定文字列を削除 38
12 「指定文字」直後から「指定文字」直前までの文字列を返す 38
13 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を返す 37
14 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を削除 37
15 「数字が格納されている変数」の型を確認 36
16 「指定配列要素が配列内で重複している数」をカウント後、配列要素として追加 35
17 指定文字列を削除 35
18 MySQLのdatetime型カラムより取得した「月日文字列」先頭に0があった場合、削除 34
19 本日が「複数設定した指定日」の当日に該当するか、を判定 34
20 対象文字列を、文字数に応じて半分に分割後、それぞれを取得 33
2024/6/22 4:52 更新
週間人気ページランキング / 6-15 → 6-21
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 9
1 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 9
2 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 7
3 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 5
3 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 5
4 null代入とunset()の違い | 変数 4
5 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 3
5 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す | 配列(型) 3
5 相関係数 | 統計 3
6 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 2
6 dateとgmdateの比較 | 日付および時刻関連 2
6 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 2
7 constant | タグ毎エントリー一覧 1
7 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
7 n | タグ毎エントリー一覧 1
7 switch文判定 … 「in_array」「array_keys」 | 配列(型) 1
7 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 | 文字列(テキスト処理) 1
7 8桁の生年月日数字を分解 | 文字列(テキスト処理) 1
7 クロスサイトスクリプティング対策(配列対応) | エスケープ処理 1
7 多次元配列の「一次元要素数」もしくは「全次元要素数」をカウント | 多次元配列(型) 1
2024/6/22 1:01 更新