日付(文字列)から、指定時刻のUNIXタイムスタンプを取得

日付および時刻関連

概要

 閲覧数:967  投稿日:2015-03-28  更新日:2015-03-28  

日付(文字列)から、指定時刻のUNIXタイムスタンプを取得


コード

$timestamp = mktime(23,30,0,8,5,2011); //引数に日付を分割して指定し、結果を$timestampへ格納
print $timestamp;;



結果

1312612200



タグ


mktime 



指定日時より指定期間前の日時を取得 … strtotime()

UNIXのタイムスタンプから日付(文字列)を取得後、「現在の年月日時分秒」を表示 … getdate()



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 日付(文字列)から、指定時刻のUNIXタイムスタンプを取得 97
2 UNIXのタイムスタンプから日付(文字列)を取得後、「現在の年月日時分秒」を表示 … getdate() 62
3 UNIXのタイムスタンプから日付(文字列)を取得後、「アクセスした時点の年月日時分秒」を整形して表示 … date() 57
4 指定文字列より前を取得 40
5 「1文字目」から「最初の指定文字」前までの文字列を取得 39
6 セッションIDを指定文字列へ変更 36
7 複数の指定文字列を削除 35
8 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を返す 35
9 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を削除 35
10 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 34
11 MySQLのdatetime型カラムより取得した「文字列」を、(先頭0なしの)年月日時分秒で表示 34
12 指定日時より指定期間前の日時を取得 … strtotime() 33
13 文字数に基づき、文字列の一部を取得する 33
14 (データベースなどから取得した)多次元配列の構造を変換して一次元配列を返す 33
15 配列内よりランダムに要素(例えば画像URL)を取得 33
16 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 33
17 指定文字列を削除 32
18 「指定文字」直後から「指定文字」直前までの文字列を返す 32
19 後ろから3文字取得 32
20 配列のキーをランダムに取得する array_rand() 32
2024/6/22 6:14 更新
週間人気ページランキング / 6-15 → 6-21
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 9
1 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 9
2 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 7
3 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 5
3 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 5
4 null代入とunset()の違い | 変数 4
5 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 3
5 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す | 配列(型) 3
5 相関係数 | 統計 3
6 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 2
6 dateとgmdateの比較 | 日付および時刻関連 2
6 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 2
7 constant | タグ毎エントリー一覧 1
7 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
7 n | タグ毎エントリー一覧 1
7 switch文判定 … 「in_array」「array_keys」 | 配列(型) 1
7 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 | 文字列(テキスト処理) 1
7 8桁の生年月日数字を分解 | 文字列(テキスト処理) 1
7 クロスサイトスクリプティング対策(配列対応) | エスケープ処理 1
7 多次元配列の「一次元要素数」もしくは「全次元要素数」をカウント | 多次元配列(型) 1
2024/6/22 1:01 更新