指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得

テキスト処理文字列

 閲覧数:1226  投稿日:2019-12-25  更新日:2019-12-25  

指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得


コード

$str = "capture_14_20191225_092558";
$search = "_";
$start = strpos($str, $search, strpos($str, $search)+1 )+1; //11
echo substr($str, $start);  



結果

20191225_092558



タグ


strpos 



「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得

"20191225_092558" を "2019-12-25-00-00-00" へ変更



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 92
2 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 52
3 文字数に基づき、文字列の一部を取得する 47
4 指定文字列より前を取得 46
5 対象文字列の内、「最初の指定文字列以前」と「それ以降の文字列」を取得する 43
6 複数の指定文字列を削除 40
7 「1文字目」から「最初の指定文字」前までの文字列を取得 39
8 指定文字列を削除 38
9 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す 38
10 「指定文字」から「指定文字」までの文字列を返す 34
11 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 34
12 日付(文字列)から、指定時刻のUNIXタイムスタンプを取得 34
13 文字列に含まれるすべての半角空白と全角空白を削除 33
14 指定した幅で文字列を丸めた後、「…」文字を追加する 33
15 多次元配列で「二次元目にある指定値のカウント数 +1 」 を返す 32
16 文字列の先頭に0があった場合に、取り除く 32
17 本日が「複数設定した指定日」の当日に該当するか、を判定 31
18 「指定文字」直後から「指定文字」直前までの文字列を返す 31
19 指定文字列が定数定義済かどうか確認するuser定義関数 31
20 キー名に'指定文字列'が含まれ、値があれば 31
2024/6/22 6:04 更新
週間人気ページランキング / 6-15 → 6-21
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 9
1 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 9
2 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 7
3 指定文字が2回目に出現する位置以降の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 5
3 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 5
4 null代入とunset()の違い | 変数 4
5 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 3
5 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す | 配列(型) 3
5 相関係数 | 統計 3
6 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 2
6 dateとgmdateの比較 | 日付および時刻関連 2
6 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 2
7 constant | タグ毎エントリー一覧 1
7 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
7 n | タグ毎エントリー一覧 1
7 switch文判定 … 「in_array」「array_keys」 | 配列(型) 1
7 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 | 文字列(テキスト処理) 1
7 8桁の生年月日数字を分解 | 文字列(テキスト処理) 1
7 クロスサイトスクリプティング対策(配列対応) | エスケープ処理 1
7 多次元配列の「一次元要素数」もしくは「全次元要素数」をカウント | 多次元配列(型) 1
2024/6/22 1:01 更新