stdClassで構成された連想配列を生成

クラスビルトインクラス

概要

 閲覧数:719  投稿日:2016-06-27  更新日:2016-06-27  

stdClassで構成された連想配列を生成


コード

$users = [
    '東京' => (object)['user_id' => 'a'],
    '大阪' => (object)['user_id' => 'b'],
];
var_dump($users);



結果

array(2) {
  ["東京"]=>
  object(stdClass)#1 (1) {
    ["user_id"]=>
    string(1) "a"
  }
  ["大阪"]=>
  object(stdClass)#2 (1) {
    ["user_id"]=>
    string(1) "b"
  }
}



タグ


stdClass 





stdClass を foreach



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 stdClass を foreach 36
2 再帰処理で平坦な連想配列をツリー化 32
3 指定した値で指定した長さまで配列を埋める array_pad() 30
4 for文内で生成された変数はブロックを抜けても使用可能 29
5 range関数 / 引数が「numeric string」→ 「int で構成された配列」を返す → ctype_digit「FALSE」 29
6 文字列としてフォーマットされた配列値を返す 29
7 配列の要素を別々の変数に代入する list() 27
8 range( ) を使用して日付期間を配列生成 27
9 include_pathを二箇所設定 26
10 連想配列を(キーと値の関係性を維持したまま)シャッフル 25
11 stdClassで、指摘キー毎の数をカウント後、新たなキー「count」として追加 / foreach 25
12 compact変数から配列を作成する compact() 24
13 配列内容を、foreachでテーブル表示 24
14 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 24
15 全ての連想配列要素へ対して順番に処理を実施 24
16 配列定数同士をarray_mergeで後ろに単純連結(キーは新たに振り直す) 24
17 Smartyのテンプレートにincludeしたファイルを表示 24
18 「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認 24
19 要素のキーと初期値を指定して配列を作成する array_fill_keys() 23
20 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 23
2023/3/26 10:50 更新
週間人気ページランキング / 3-19 → 3-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 26
2 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 16
3 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 12
3 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 12
4 null代入とunset()の違い | 変数 10
5 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 9
6 PHPコード 8
7 foreachの中でswitch文 | 配列(型) 6
7 平均値、分散、標準偏差を求める | 統計 6
8 配列の内容(ひらがな)を、読み(あ行~わ行)で分け、新たな配列へ格納 | 配列(型) 3
8 配列内容を、foreachでテーブル表示 | テーブル 3
8 マテリアルカラーをランダムに3色取得 / 重複なし | 色 3
8 Smartyのテンプレートにincludeしたファイルを表示 | Smarty(テンプレートエンジン) 3
9 ビルトインクラス(クラス) カテゴリー 2
9 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 2
9 ファイル名を取得し、.拡張子部分を削除し、タイトルに表示 | ファイルシステム 2
9 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 2
9 ネットワーク 関数 カテゴリー 2
9 Noticeエラー回避 / PHP7以上で使用可能なnull合体演算子(??)を使用 | 演算子 2
9 平均値、分散、標準偏差、学力偏差値を求める | 統計 2
2023/3/26 1:01 更新