range関数 / 引数が「numeric string」→ 「int で構成された配列」を返す → ctype_digit「FALSE」

配列

概要

 閲覧数:795  投稿日:2015-12-15  更新日:2016-02-09  

引数で(int または numeric string)の何れを受けとっても、range関数の戻り値は(int)の配列


range関数の有効引数

・range('a','c');
不可
・range('あ','う');


range関数の戻り値
・引数が「int」→ 「int で構成された配列」を返す
・引数が「numeric string」→ 「int で構成された配列」を返す
・引数が「float」→ 「floatで構成された配列」を返す
・引数が「string」→ 「stringで構成された配列」を返す


range結果に対する判定処理
・is_numeric
→ 引数が「int、float、numeric string」だった場合 は TRUE

・is_int
→ 引数が「int」だった場合 は TRUE

・ctype_digit
→ 常に FALSE
※引数が何れでも「numeric string」は返らないので


int
・数値
・1

numeric string
・数値形式文字列
・String型数値
・'1'
・"1"

string
・文字列
・'あ'
・"あ"


コード

foreach (range(0,2) as $var) {
  var_dump($var);
  var_dump(is_numeric($var));
  var_dump(is_int($var));
  var_dump(ctype_digit($var));
}
echo "-----------------------------------\n";
 
foreach (range('0','2') as $var) {
  var_dump($var);
  var_dump(is_numeric($var));
  var_dump(is_int($var));
  var_dump(ctype_digit($var));
}
echo "-----------------------------------\n";
 
foreach (range("0","2") as $var) {
  var_dump($var);
  var_dump(is_numeric($var));
  var_dump(is_int($var));
  var_dump(ctype_digit($var));
}
echo "-----------------------------------\n";
 
foreach (range("a","c") as $var) {
  var_dump($var);
  var_dump(is_numeric($var));
  var_dump(is_int($var));
  var_dump(ctype_digit($var));
}



結果

int(0)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(1)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(2)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----------------------------------
int(0)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(1)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(2)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----------------------------------
int(0)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(1)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
int(2)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----------------------------------
string(1) "a"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(1) "b"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(1) "c"
bool(false)
bool(false)
bool(false)



タグ


ctype_digit  is_int  is_numeric  range 


リンク


range



指定した値で指定した長さまで配列を埋める array_pad()

「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 ctype_digitは、「numeric string」がTRUE。「int / float / string」はFALSE 38
2 is_intは、「int」がTRUE。「float / numeric string / string」はFALSE 35
3 is_numericは、「int / float / numeric string」がTRUE。「string」はFALSE 33
4 「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認 32
5 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 31
6 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 31
7 array_count_values / 配列の要素が持つ値の出現回数をカウント 31
8 array_map()第3引数 / 「2つの配列の要素数同士を順番に掛け合わせた配列」を返す 31
9 ctype_alnum / 英数字だけを許可 31
10 キーを格納した配列と値を格納した配列で1つの配列を作成する array_combine() 30
11 stdClassで構成された連想配列を生成 29
12 ctype_digit / 数字だけを許可 29
13 stdClassで、指摘キー毎の数をカウント後、新たなキー「count」として追加 / foreach 28
14 対象文字列へ対して、一致したすべての文字列を置換する標準関数 / str_replace 28
15 Smartyのテンプレートにincludeしたファイルを表示 28
16 配列の要素に特定の値が存在すれば、要素のキーを返す array_search() 28
17 stdClassで、指摘キー毎の数をカウント後、新たなキー「count」として追加 / array_count_values(array_column()) 27
18 配列の要素を置換して結果を配列で返す array_replace() 27
19 配列要素を、文字列連結して表示 … 「array_map」×「無名関数」 27
20 配列に特定のキーが存在するかを調べる array_key_exists() 26
2023/3/26 11:17 更新
週間人気ページランキング / 3-19 → 3-25
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 26
2 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 16
3 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 12
3 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 12
4 null代入とunset()の違い | 変数 10
5 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 9
6 PHPコード 8
7 foreachの中でswitch文 | 配列(型) 6
7 平均値、分散、標準偏差を求める | 統計 6
8 配列の内容(ひらがな)を、読み(あ行~わ行)で分け、新たな配列へ格納 | 配列(型) 3
8 配列内容を、foreachでテーブル表示 | テーブル 3
8 マテリアルカラーをランダムに3色取得 / 重複なし | 色 3
8 Smartyのテンプレートにincludeしたファイルを表示 | Smarty(テンプレートエンジン) 3
9 ビルトインクラス(クラス) カテゴリー 2
9 「最後に位置している指定文字列」より後の文字列を取得 | 文字列(テキスト処理) 2
9 ファイル名を取得し、.拡張子部分を削除し、タイトルに表示 | ファイルシステム 2
9 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 2
9 ネットワーク 関数 カテゴリー 2
9 Noticeエラー回避 / PHP7以上で使用可能なnull合体演算子(??)を使用 | 演算子 2
9 平均値、分散、標準偏差、学力偏差値を求める | 統計 2
2023/3/26 1:01 更新