「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認

配列

概要

 閲覧数:1271  投稿日:2015-12-16  更新日:2016-02-12  

「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認

引数で(int または numeric string)の何れを受けとっても、range関数の戻り値はintの配列
→ range関数を使用する場合、数値への「クォーテーション」付与有無に「is_numeric」判定結果は左右されない

range結果に対する判定処理
・is_numeric
→ 引数が「int、float、numeric string」だった場合 は TRUE

int
・数値
・1

numeric string
・数値形式文字列
・String型数値
・'1'
・"1"

string
・文字列
・'あ'
・"あ"


コード

foreach (array_merge(range(0,2),range('3','5'),range("6","8"),range('a','c'),range('A','C')) as $val) {
  echo "-----";
  var_dump($val);
  var_dump(is_numeric($val));
  var_dump(is_int($val));
  var_dump(ctype_digit($val));
}



結果

-----int(0)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(1)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(2)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(3)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(4)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(5)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(6)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(7)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----int(8)
bool(true)
bool(true)
bool(false)
-----string(1) "a"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
-----string(1) "b"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
-----string(1) "c"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
-----string(1) "A"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
-----string(1) "B"
bool(false)
bool(false)
bool(false)
-----string(1) "C"
bool(false)
bool(false)
bool(false)



タグ


array_merge  is_numeric  range 


リンク


array_merge



range関数 / 引数が「numeric string」→ 「int で構成された配列」を返す → ctype_digit「FALSE」

is_array



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「range(int または numeric string または string)で生成した複数配列」をマージした結果の型を確認 58
2 キーを格納した配列と値を格納した配列で1つの配列を作成する array_combine() 35
3 range( ) を使用して日付期間を配列生成 32
4 range関数 / 引数が「numeric string」→ 「int で構成された配列」を返す → ctype_digit「FALSE」 32
5 配列定数同士をarray_mergeで後ろに単純連結(キーは新たに振り直す) 31
6 stdClassで、指摘キー毎の数をカウント後、新たなキー「count」として追加 / foreach 31
7 文字列を「複数の区切り文字」で配列へ変換 / preg_split使用案。採用 31
8 配列の要素を置換して結果を配列で返す array_replace() 31
9 配列を変数として展開する extract() 30
10 Smartyのテンプレートにincludeしたファイルを表示 30
11 stdClassで、指摘キー毎の数をカウント後、新たなキー「count」として追加 / array_count_values(array_column()) 30
12 要素のキーと初期値を指定して配列を作成する array_fill_keys() 29
13 「Fatal error」を発生させないuser定義count関数 29
14 MySQLのdatetime型カラムより取得した「文字列」を、(先頭0なしの)年月日時分秒で表示 29
15 配列に特定のキーが存在するかを調べる array_key_exists() 28
16 配列のキーを取得する array_keys() 28
17 配列の空要素を削除(コールバック関数利用) … array_filter() 27
18 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 27
19 配列の空要素を削除(コールバック関数未使用) … array_filter() 27
20 array_count_values / 配列の要素が持つ値の出現回数をカウント 27
2024/4/22 0:06 更新
週間人気ページランキング / 4-14 → 4-20
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 後ろから3文字削除 / 「18:00:00」→「18:00」 | 文字列(テキスト処理) 11
2 URLから、トップページ(index.html)判定 | ルーティング 7
2 配列キー内に「指定文字列が含まれるキー」と「その値」を抽出して、新しい配列を返す | 配列(型) 7
3 「input type="datetime-local"」で受け取った文字列をハイフンへ変更 | 日付および時刻関連 5
4 指定文字列より前を取得 | 文字列(テキスト処理) 4
4 現在WebページのURLパスを第2階層まで取得 | パス 4
4 投稿日時をTwitterのように「★分前」「★時間前」という文字列変換するユーザ定義PHP関数 | 日付および時刻関連 4
4 配列の空要素を削除(コールバック関数未使用) … array_filter() | 配列(型) 4
5 多次元配列キーを、多次元配列内にある「特定キーの値」へ変更 | 多次元配列(型) 3
5 日付表示(フォーマット指定) | 日付および時刻関連 3
6 range( ) を使用して日付期間を配列生成 | 日付および時刻関連 2
6 null代入とunset()の違い | 変数 2
6 $_SERVER['REQUEST_URI'] | タグ毎エントリー一覧 2
6 対象文字列の内、「最初の指定文字列以前」と「それ以降の文字列」を取得する | 文字列(テキスト処理) 2
6 配列を変数として展開する extract() | 配列(型) 2
6 配列内容を、foreachでテーブル表示 | テーブル 2
7 PHPで最後の「指定区切り文字」より後ろを取得 | 配列(型) 1
7 配列の空要素を削除 / array_diff()で空配列と比較し配列の差分を返す | 配列(型) 1
7 n | タグ毎エントリー一覧 1
7 多次元配列の「一次元要素数」もしくは「全次元要素数」をカウント | 多次元配列(型) 1
2024/4/21 1:02 更新